シュタイナー叡智理論活用術
シュタイナーメソッドエーテルセラピー
~心と精神と体をなぎ自我を受肉します!~
シュタイナー心と精神と体を絡なぐセラピー 美しく調和の取れた輝きを持つ本来の自分を取り戻し、自然治癒力自然免疫力を覚醒させ、健全な発達をも促します。神秘的なシュタイナーの世界、「治療教育講義」や「神秘学概論」を地で行く、驚愕のセラピーです。心と精神と体をなぐことで健全な身体の営みと発達を促します。自我、アストラル体、エーテル体、肉体のバランスを元に戻し、あるべき姿に戻すことによってあらゆる症状を消していきます。過去の体験から受けた衝撃は、エーテル体にトラウマを植え付けたり、アストラル体の負の感情が増強され、魂を曇らせてしまいます。殆どの病気は、この負の感情が、エーテル体を鎧と化し、様々な症状を引き起こしていることの現れです。
更には、
・心と体が上手くかみ合っていない。
・第三チャクラが乱れていて自我が受肉していない。
・重力過敏に陥っている。
・原始反射が抑制されていない・再発している。
・体内のリズムが乱れている。
・カルマ由来の病気にかかっている。
・カマロカ期由来の病気にかかっている。
・エーテル体は7歳頃、アストラル体は14歳頃、母親から離脱する。
等の要因や、真我や守護天使との関係までもが、病気と関連しています。また、構造体的肉体と体質体的肉体の双方まで、広くセラピーを行うことが出来ます。
エクストラレッスンの最良なパートナーセラピストとしても非常に有効です。
・足首の硬さは30秒。
・首の硬さは3分。
・足腰のふら付き・重力過敏は3分。
・感覚統合・原始反射
等も無理なく自然に行います。
シュタイナー心と精神と体を絡なぐセラピー 小児脳性麻痺や発達障害も、脳の障害では無く身体の内部阻害や機能抑制が原因です。
・噛み癖が無くなった!
・人との境界線が作れた!
・足首が緩んでしゃがめた!
・しっかり歩けるようになった!
・杖なしで歩けた!
・痛みが取れた!
諦めたらそこでお終いです。諦めないで下さいね!


こんな方にお勧めです!
・発達障害(自閉症・ADHD・LD)でお悩みの方
・先天性障害、難治症の方
・シュタイナーに興味のある方

◆どんな手技ですか?

①触れる、撫ぜる、さする、揺らす。
 4つの基本動作だけで、神経痛や疼痛が改善します。エーテル体の修復を行う為です。脊髄損傷の長年の痛み迄スッキリ改善します。
②一瞬で筋硬結を改善します。
 筋肉のずれと血管の捻れを戻すだけです。自我体の修復から行う為です。全身の凝りを改善します。
③内臓機能チェックと改善を行います。
 胃腸、小腸、大腸、生殖器、腎臓、副腎、肝臓、脾臓、肺、心臓など。アストラル体による施術を行います。
④骨の歪みとズレを改善します。
 頚椎・胸椎・腰椎のズレ、骨盤の歪み、恥骨のズレ、脊柱側弯症、圧迫骨折の出っ張り等。もちろんバキボキ系ではありません。
⑤自律神経を整えます。
 蝶形骨・扁桃体にアプローチします。鬱やパーキンソン病等の方のご気分がスッキリ改善します。また、頬骨が上がり頬もスッキリ、肌が明るくなり、視界が広く目もパッチリ開くようになります。訪問時とお帰りの時で顔が劇的変化します。
⑥頭もすっきり
 自我の修復、アストラル体修復、エーテル体修復、ストレス改善、病気改善。カルマとの関連も調べます。年齢に合った十二感覚の調整・改善していきます。
⑦あらゆる身体の不調を改善します。
 肉体は全てが脳によって制御されています。自我体から脳を活性化し、脳が自己治癒力を最大限活用して身体を改善する回路を作ります。今日より明日、明日より明後日と身体は改善されていきます。

※医療行為は一切ありません。
※8割が寝てしまう程のソフトタッチ手技。
※アントロポゾフィー医学関連団体とは全く関係ありません。

ルドルフ・シュタイナーの治療理論について

病気の本質①:肉体(物質体)

体そのもの。全ては脳との結びつきで維持されています。なんば古流骨免疫改善術もを最大限活用しています。解剖学、生理学、量子力学、脳神経反射理論の視点からアプローチ・改善を行います。エーテル体との関係性も重要です。

病気の本質②:エーテル体(生命体)

体の周りには、母体内にいるときから、体とほぼ同じ形で、脳と脊髄を通る一本の電気的な軸を持つ「電磁場」が存在することが科学的検証で証明されています。これがエーテル体です。
エーテル体は俗にエネルギー体とも言われ、肉体に一番近い周波数を持ちます。エーテル体は肉体を形成し、エーテル体無しに肉体は存在しません。
多くの病気の発症は、エーテル体の不調からであり、肉体の病気として現れて行きます。
は分泌を営む臓器で,おもに腺上皮細胞で構成されている。血液やリンパ内に直接送り出す内分泌腺と,体表や体腔内に導管を通じて分泌物を出す外分泌腺 (汗腺や消化腺) とがあります。各腺は神経やホルモンの刺激によって分泌機能を行います。

病気の本質③:アストラル体(感受体)

エーテル体より更に高い周波数を持ちます。衝動、欲望、情熱、思考、感情を司ります。
アストラル体が不規則の場合は、神経組織の不能が出て来ます。急性疾患の原因ともなっています。
急性疾患の場合、根本的な原因は神経組織の機能不全であり、神経の働きを元に戻せば改善されます。
先天性障害(身体・知的・精神)の要因として影響しています。

病気の本質④:自我(自己意識)

感覚魂、悟性魂、意識魂で構成されます。
※上の図では感受的心魂はアストラル体に分類しています。
血液は人間の自我の本質を表現します。
慢性疾患は、血液の性質と自我の性質に関連してきます。

ルドルフ・シュタイナー成長の過程と十二感覚について

患者様の成長の過程で、それぞれの十二感覚の発達を考慮して施術を行います。

成長の過程 人間の本質 重視 十二感覚 感 覚 脱 皮
誕生~
7歳前後
肉体の成長 身体発達 下位感覚
(意志感覚)
触覚
生命感覚
運動感覚
平衡感覚
肉体的な活動を知覚する感覚 歯の抜け替わる頃にエーテル対が殻から脱皮
7歳頃~
14歳前後
エーテル体の成長 感情体験 中位感覚
(感情感覚)
嗅覚
味覚
視覚
熱感覚
自然界(周囲)を知覚する感覚 思春期にさしかかった頃にアストラル体殻から脱皮
14歳頃~
21歳前後
アストラル体の成長 思考力 上位感覚
(認識感覚)
聴覚
言語感覚
思考感覚
自我感覚
社会的・精神的・他者を知覚する感覚 独り立ちできたと感じる頃に自我が殻から脱皮
成人 四つの構成要素が揃って自由を獲得した人間。
いずれの成長過程も、自然に熟して殻から脱皮することが大切。
成熟期
老年期
アストラル体はエーテル体から養分を取る。
エーテル体は肉体から養分を取る。
肉体は衰えていく。

※参考
肉体からアストラル体・エーテル体・自我が分離する。
自我だけが残る。

 

※留守電の時は伝言お願い致します045-342-4386営業時間 9:00-23:00 [ 年中無休(要予約) ]

施術のご予約 24時間受付中!