なんば古流骨免疫改善術の概要・ポイント

  1. 武士や山伏や飛脚が実践してきた「なんば歩き・なんば走り」の骨活用術をベースとしています。
  2. ルドルフ・シュタイナーのアントロポゾフィー医学・十二感覚・成長の過程の視点からアプローチ・改善を行います。
  3. 解剖学、生理学、量子力学、脳神経反射理論の視点からアプローチ・改善を行います。

なんば古流骨免疫改善術の流れ

  1. 主訴をしっかり聞きます。
  2. 体の可動域をチェックします。
  3. 骨の歪みを取り、筋肉の硬直を緩めます。
  4. 痛みは次々と移動していきます。順番に治してきます。
  5. 施術は休めることが大切です。休んでいる間に修復・進化していきます。
  6. 体の可動域を再チェックし、主訴の真の原因場所を探します。
  7. 症状に応じて、エーテル体・アストラル体・自我へのアプローチを行います。

なんば古流骨免疫改善術の極意

  1. 脳神経の感度を上げます。
  2. エネルギーのクリーニング・調整・再結合します。
  3. 肉体・エーテル体・アストラル体・自我にホリスティックなアプローチ!

手技・テクニック

体の歪みを取り除き、脳・血流・毛細血管・腺を第一に、患者様自身の免疫力・自己治癒力を最大限に高める手技です。

◆主な手技: エネルギー療法、量子療法、波動療法、頭蓋骨療法、脊柱調整療法、脳神経反射療法
◆治療効果: 患者様のDNAの治癒力の限界まで能力を引き出すので、施術から時間が経てば経つほどドンドン症状が改善されていきます。
◆対応症状: 対応症状は無限大です。

  1. 筋骨格系症状
    腰痛/坐骨神経痛/四十肩/ムチウチ/背部痛/ギックリ腰・背中/変形性膝・股関節症など
  2. 難治性症状
    半身不随/脳神経疾患/アトピー/アレルギーなど
  3. 内臓疾患
    胃痛/肝機能障害/腎機能障害/頻尿など
  4. 自律神経症状
    うつ/パニック障害/メニエール/不眠症など
  5. ホルモン系疾患
    不妊症/生理痛/ED/更年期障害など
  6. 先天性障害
    二分脊椎症/水頭症/筋ジストロフィー/先天性リウマチ/ASD/ADHD/ダウン症/自閉症/発達障害/学習障害/他難病指定など
  7. 不定愁訴・その他
    めまい/慢性疲労/低体温/冷え性など
◆即 効 性: 1回の施術で全身ゆるゆるにします。骨の歪み・筋肉の痛みを取り除いた後で、真の原因を抽出・改善します。
◆容 易 性: 体に負担を掛けないとても簡単な手技です。
◆持 続 性: 患者様自身が持っている自己治癒力と能力を目覚めさせますので、効果を持続させます。
◆安 全 性: 骨粗鬆症・筋ジストロフィー・乳児にも安全で優しい特殊施術です。ほとんどの方が寝てしまう程気持ちいい手技です。

※医学的な根拠・病気が原因の痛みは、病院の治療方針も視野に、家庭で出来る対処法などを一緒に考えます。
※病院でのリハビリテーション・ハビリテーションを受診中の方でも、家庭で効果的に無理なく出来る方法を教えます。
※骨格は、日々歪んでいきます。子供は寝返りを打って治すことができますが、大人はなかなか治りません。しっかりお手入れして調整しないと、やがては「痛み」が発生します。

武士や山伏や飛脚が実践!「なんば歩き・なんば走り」の骨活用術

なんば歩き・ナンバ走りの骨活用極意

武士となんば歩き武士は筋トレはしていません。骨を早く器用に動かす鍛錬をしていました。早く動かないと切られてしまいます。
なんば歩きは、右腕と右足・左腕と左足を同時に出す歩き方ではありません。右足を上げる時に右胸郭を上げ、左足を上げる時は左胸郭を上げます。腕はまったくフリーで、どう動かしても構いません。だから刀を振り回せます。山伏も、このなんば歩きよって、険しい山道も難なく歩くことができます。
なんば走りの飛脚飛脚は、なんば走りによって、より早くより長く走ることができました。更に、なんば走りのもう一つのメリットは、「担いでいる荷物の揺れがほとんどない」点です。現代風の走り方だと左右に揺れてしまいますが、なんば走りだとほとんど揺れません。お客様の荷物を大切にいち早く届けるためになんば走りが活用されていました。
このなんばの骨で動く・骨で立つ等の「骨の活用術」を現在に活かしたのが、「なんば古流」なんです。介護現場でも骨を使った介助方法が採用されています。

なんば古流の基本概念
  1. 骨格の協調性や連動性を意識して器用に動かします。骨で動く事を目指します。
  2. 痛い動きはNGです。痛い方へは動かしません。基本は「気持ちいい」動きだけです。
  3. 休息、睡眠は必須です。からだは睡眠中に進化・修復します。
  4. 頑張り過ぎない。疲れたら止める。頑張ったら休む!これを「なんばる」と言います。
  5. 少しの時間でも十分。継続を楽しむ。ノルマや義務としてとらえない。ストレスが一番問題。

ルドルフ・シュタイナーのアントロポゾフィー医学について

人間の本質・病気の本質に基づき、肉体・エーテル体・アストラル体・自我の各不調や、相互作用の乱れを診ていきます。
人間の本質と施術の概念

病気の本質①:肉体(物質体)

 体そのもの。全ては脳との結びつきで維持されています。なんば古流骨免疫改善術もを最大限活用しています。解剖学、生理学、量子力学、脳神経反射理論の視点からアプローチ・改善を行います。エーテル体との関係性も重要です。

主な痛みの原因は?
  1. 骨の歪み!
    骨が歪んでいると、戻そうとする筋肉がいて、ずっと働きかけそして疲れて硬くなっていきます。まずやることは骨の歪みを戻す事なんです。
  2. 外的衝撃から体を守る防衛反応!
    外的攻撃が筋肉に及ぶと、筋肉繊維に一瞬にしてカルシウムを流し込んで、筋肉を硬化し体を守ります。これは正常な防衛反応です。交通事故、突き指、強すぎるマッサージ等、筋肉が硬くなります。ではどうすれば良いのか?カルシウムを筋肉繊維から抜いて上げればいいのです。むち打ちも、突き指も直ぐ治ります。肩や首が凝るからと言って、強く押すのは間違いです。どんどん硬くなっていきますよ。
  3. 痛みはなぜ次々と移動するのか?
    元々全部痛いんですよ。全部痛いと気が狂ってしまします。だから脳は一番痛い所以外はスイッチを切ります。一番痛い所が治ると二番目が痛み出し、二番目が治ると三番目が痛み出すと言うことです。そう、脳が痛みを制御しているからなんです。
  4. 頑張りすぎは意味なし!?
    体は「休んでいる時」に修復・進化していきます。ずっとやっていても意味が無いんです。筋トレもリハビリも「休憩」が大切です。休憩無くして体は何も変わりません。頑張りすぎない体に優しい頑張りを「なんばる」と言います。
病気の本質②:エーテル体(生命体)

 体の周りには、母体内にいるときから、体とほぼ同じ形で、脳と脊髄を通る一本の電気的な軸を持つ「電磁場」が存在することが科学的検証で証明されています。これがエーテル体です。
エーテル体は俗にエネルギー体とも言われ、肉体に一番近い周波数を持ちます。エーテル体は肉体を形成し、エーテル体無しに肉体は存在しません。
多くの病気の発症は、エーテル体の不調からであり、肉体の病気として現れて行きます。
 は分泌を営む臓器で,おもに腺上皮細胞で構成されている。血液やリンパ内に直接送り出す内分泌腺と,体表や体腔内に導管を通じて分泌物を出す外分泌腺 (汗腺や消化腺) とがあります。各腺は神経やホルモンの刺激によって分泌機能を行います。

病気の本質③:アストラル体(感受体)

 エーテル体より更に高い周波数を持ちます。衝動、欲望、情熱、思考、感情を司ります。
アストラル体が不規則の場合は、神経組織の不能が出て来ます。急性疾患の原因ともなっています。
急性疾患の場合、根本的な原因は神経組織の機能不全であり、神経の働きを元に戻せば改善されます。
先天性障害(身体・知的・精神)の要因として影響しています。

病気の本質④:自我(自己意識)

 感覚魂、悟性魂、意識魂で構成されます。
※上の図では感受的心魂はアストラル体に分類しています。
血液は人間の自我の本質を表現します。
慢性疾患は、血液の性質と自我の性質に関連してきます。

ルドルフ・シュタイナー成長の過程と十二感覚について

患者様の成長の過程で、それぞれの十二感覚の発達を考慮して施術を行います。

成長の過程 人間の本質 重視 十二感覚 感 覚   脱 皮  
誕生~
7歳前後
肉体の成長 身体発達 下位感覚
(意志感覚)
触覚
生命感覚
運動感覚
平衡感覚
肉体的な活動を知覚する感覚 歯の抜け替わる頃にエーテル対が殻から脱皮
7歳頃~
14歳前後
エーテル体の成長 感情体験 中位感覚
(感情感覚)
嗅覚
味覚
視覚
熱感覚
自然界(周囲)を知覚する感覚 思春期にさしかかった頃にアストラル体殻から脱皮
14歳頃~
21歳前後
アストラル体の成長 思考力 上位感覚
(認識感覚)
聴覚
言語感覚
思考感覚
自我感覚
社会的・精神的・他者を知覚する感覚 独り立ちできたと感じる頃に自我が殻から脱皮
成人 四つの構成要素が揃って自由を獲得した人間。
いずれの成長過程も、自然に熟して殻から脱皮することが大切。
成熟期
老年期
アストラル体はエーテル体から養分を取る。
エーテル体は肉体から養分を取る。
肉体は衰えていく。

※参考
肉体からアストラル体・エーテル体・自我が分離する。
自我だけが残る。

 

 

※留守電の時は伝言お願い致します050-3555-4583営業時間 9:00-23:00 [ 年中無休(要予約) ]

施術のご予約 24時間受付中!