5月5日Zoomオンラインイベント「まいにちがこどもの日イベント2021」


イベント詳細



私は16時から講演予定です。
息子も一緒に参加、手技プレゼントもあり、皆様とお会いできることを楽しみにしています。
演題:
『発達特性とからだ改善の秘密』
~魂は健全!身体の不具合を先ず改善してあげましょう~
アジェンダ:
①重度重症専門の治療家が診た発達特性の症状と正体とは!
②身体の解毒浄化機能と感覚統合の深い関係とは?
③母親の感情が原始反射を呼び覚ます!?
④重力との闘い!が意味するものとは?
⑤生命力と準静電界の関係とは!
⑥質疑
プレゼント手技:
つま先立ち歩きのお子様の足首の硬さを30秒で改善する方法


こどもの日恒例のオンラインイベントを今年も行います!
会議室は↓
https://us02web.zoom.us/j/676414809?pwd=VnFBdDYvUk5vQ3N3c2xXcDBmSVpGZz09&fbclid=IwAR0BA4Bfb93gdhWO7MrrWQIRnOlUHciIpXYNY0kSotCo9U0ymWm-L3LPyXs#success
ミーティングID: 676 414 809
パスコード: moon
このイベントは、現代西洋医学には恩恵と同時に全く真逆の状態があることを「薬物療法がメイン」の「精神医療」の現場で多く起きていることを知った精神科医の増田さやか先生が、
「オトナが知るコトでこどもたちを守らなければいけない」と
2016年、端を発したコトが始まりです。
精神科の薬という「化学物質」を何年、何十年飲み続けても、
よくなるどころか生活がままならなくなる人がいること、こういう事実を「知らない」人が多くいます。
更にいま、乳児期から学校まで、いろいろな現場で
「発達障害」という言葉が広く知れ渡っています。
「発達障害=病気である」と医師に言われたら、多くは自分のこどもに、親自身の手で薬を与えることになりますが、
子どもの脳は我々オトナの脳とは全く異なる臓器である「成長途中の臓器」です。
 今年も「こどもたちのミライを考えるをテーマに開催します。
■タイムテーブル■
★zoom開催にあたり、まだ慣れていない方のために、イベント前の9時から
つっきーこと、月崎時央による
「スマホでもPCでもzoomをもっと楽しむコツ講座」もやります★
10時〜 主催者挨拶(増田、月崎、藤永)
増田さやか
「こどものうつ、本当の原因と治し方」
11時〜中戸川貢さん
「こどもの日に考えよう食品添加物」
12時〜ランチタイム
★zoomワンポイント講座
★名古屋の後藤未由希さんたちが始める訪問看護のお話
13時〜遠藤光政&藤永マキ
「発達が気になる子どものための自然な療法〜ニューロオリキュロセラピー〜」
14時〜冠地情
「発達障害の人の会話力がぐんぐんのびるアイスブレイク&ワークショップ」
15時〜塩井淳子
「食と睡眠でメンタルを整えるためのお話」〜里山散策をしながら〜
16時〜近藤誠
「発達特性とからだ改善の秘密」
17時〜ZOOM参加者のひとこと感想を頂きながら終了
画面集合写真の撮影をしましょう♪ 表示を縮小


増田さやか 
精神科医 名古屋まごころ診療所院長
奈良医大卒業後、精神科医として約30年間、様々な病院で経験を積みながら、現役で医療に従事しています。
薬物治療中心の医療に大きく疑問を持ち、現在は断薬、減薬のサポートを主に行っています。
子どもへの投薬、適応外処方、予防的(認知症やてんかん)処方には、特に危惧を感じています。
5月5日は10時からの挨拶のあと
「こどものうつ、本当の原因と治し方」
を話します❗️



月崎時央
医療ジャーナリスト、編集者、ファシリテーター、
精神保健福祉を中心に新聞、雑誌等で医療の取材をする。
セルフヘルプグループ、メンタルサバイバーチャンネル世話人として、毎週ワークショップを行い向精神薬の減薬について取材、研究する。2019年に「ゆっくり減薬のトリセツ」を企画編集し発刊する。
5月5日はこのオンラインイベント全体のテクニカルも担当します。
14時からの冠地情さんのお話の前にzoomワンポイントレッスンも行います❗️



藤永マキ 
(アディクションカウンセラー、バクロスTV広報)
2011年に向精神薬の危険性に気づき、
(一社)日本アディクションプロフェッショナル認定協会カウンセリング資格を取得。危険ドラッグや、向精神薬の依存から抜け出せない方、後遺症に苦しむ方々の相談を受け、講演、ラジオや動画などを通して、薬物の危険性を伝える活動を続けている。今年、当時から独学で学んでいた未来型栄養学といわれるオーソモレキュラー(分子整合栄養医学)の栄養アドバイザー資格取得。
5月5日は13時から遠藤光政先生(後日紹介します)と「発達が気になる子どものための自然な療法」を一緒にお話します。



中戸川 貢(なかとがわみつぐ)
1969年生まれ神奈川県出身。
長岡技術科学大学生物機能工学工学修士。
食品機械メーカーや食品メーカー勤務を経て、2009年よりNPO法人「食品と暮らしの安全基金」で、主に加工食品のミネラル成分や食品添加物「リン酸塩」を調査。
2013年に独立後、フリーランスで、食品企業の衛生指導・販売支援を行っている。また、加工食品ジャーナリストとして全国各地で講演している。
5月5日は11時から
「こどもの日に考えよう 食品添加物」
というテーマで、
あらゆる加工食品に多用される「人工甘味料」の本当の使用目的とは?
強いうま味を持たせたまま「無添加」や「化学調味料不使用」を実現できる、食品扱いの人工的な「うま味調味料」とは?
などについて解説してくださいます!!
zoomはチャット機能がありますので、質問などがありましたらお寄せくださいね!



遠藤光政(えんどうみつまさ)
パーマーカイロプラクティック大学卒業
ホルダー研究所日本代表
ニューロオリキュロセラピー
トルクリリーステクニック
American College of Addictionology and Compulsive Disorers
(一社)日本アディクションプロフェッショナル認定協会代表理事
2014年4月IC & RC(International Certification and Reciprocity Consortium)加盟 Board Member
こどもハウスゆりがおか代表
5月5日は13時から
「発達が気になる子どものための自然な療法」というテーマで米国政府公認ドクターオブカイロプラクティック(D.C.)の遠藤先生が耳介に存在する7つの神経終末を用いた臨床神経学に基づき、正しい周波数にリセット、脳報酬カスケードを整えるニューロオリキュロセラピーの解説をします❗️
※写真は師であるDr.J.Holderと。



冠地 情(かんち じょう)  
イイトコサガシ主催
1972年生まれ。
ADHDとアスペルガー症候群の混合型と診断されている。2009年10月に成人発達障害当事者会「イイトコサガシ」を立ち上げ、発達障害などの「生きづらさ」を抱える人のためのぴあサポート活動を開始。主にコミュニケーションの向上を目指すワークショップを実施しており、これまでに43都道府県1000回以上のワークショップを開催している。
『発達障害の人の会話力がぐんぐん伸びる アイスブレイク&ワークショップ』が第三版決定❗️
コマラジ、あすぴれんとTV、c-waveで番組のパーソナリティとしても月10回、精力的に出演中‼️
「イイトコサガシ」ウエブサイト 
https://iitokosagashi.jimdofree.com/
5月5日は14時から、
発達障害のコミュニケーションと
著作「アイスブレイク&ワークショップ」のお話をして頂きます。



塩井淳子(しおいじゅんこ)
ソリトンOne-J 代表社員CEO
ラハミームの家子ども食堂
地球益の会 代表理事
枚方市食育推進ネットワーク会議 委員
1967年岡山市生まれ。 
高校時代より、認知症の祖母と寝たきりの祖父の在宅介護にかかわる。
大手農薬メーカに入社。バブル崩壊。経営危機に直面した家族の経営する寝具メーカーの経営に参画。2004年電子機器・半導体ベンチャー企業に入社。人材教育担当として入社したものの、研究開発費増大による資金難から資金調達必至でVC調達に着手。並行して、研究開発のための産官学連携コーディネーターを務めるが、DVのフラッシュバックに倒れ、外出もできなくなり同社を退職。
数年間の療養の後、ソリトンワンジェーを設立。http://www.soriton1j.jp
現在ホームレス・DV被害者・ニートなどの社会的弱者自立支援のNPO法人を経て2012年11月合同会社として登記。
自然栽培で野菜を育てながら、化学の力に頼らない本来の食の素晴らしさを各地で伝えている。
5月5日は里山を散策しながら、無農薬農業、自身のこと、こどもたちを「食と睡眠でメンタルを整えるためのお話」をしてくださいます❗️



近藤誠(こんどうまこと)
日本発達改善メソッド推進協会 理事長
からだ改善なんば古流研究院 院長
日本二分脊椎症水頭症協議会 相談役
★施術
難場古流體療術 宗家「喬友」
シュタイナーボディズセラピスト
発達改善メソッド公認スペシャルセラピスト
★臨床研究内容
難場古流療法
ルドルフ・シュタイナー療法
エミー・ピクラー乳幼児療法
エドガー・ケイシー療法
ヒト栄養医学、構造医学
九星気学
5月5日は
『発達特性とからだ改善の秘密』
~魂は健全!身体の不具合を先ず改善~
と題して、
①重度重症専門の治療家が診た発達特性の症状と正体!
②身体の解毒浄化機能と感覚統合の深い関係とは?
③母親の感情が原始反射を呼び覚ます!?
④重力との闘い!が意味するものとは?
⑤生命力と準静電界の関係について
上記をお話して下さいます❗️
※ご参加された方には「つま先立ち歩きのお子様の足首の硬さを30秒で改善する方法」をプレゼントしてくださるそうです❣️

 「患者よ、ガンと闘うな」の近藤誠さんとは同姓同名ですが、別人です。私はフェイスブックでこちらの近藤誠さんと繋がっていたので、近藤さんの様々なメソッド(重度の発達障害なども、身体を整えることで改善させる)に注目していました。
こどもの発達外来、みたいなところに行けば「脳の、機能的障害」などと、訳のわからないことを言われる。回復可能な手段などひとつも教えてもらえず(栄養のことなど知らない専門家が多い)、周りの理解を得るように努力しましょうと言われる。(精神障害と同じですね。私もずっと「うつ病のひとは誤解されやすいから、家族や職場の人に分かってもらいましょうね」などと言ってきましたよ)
どんなお話が聞けるのか楽しみです。プレゼントもあるそうですよ。

増田さやか

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください