ヨーロッパで発売中の「手動洗腸システム」

 先日、洗腸の話を書きましたが、ヨーロッパでは発売中の興味深い洗腸用具がありました。日本ではまだ発売されていません。個人輸入でもしたいくらい魅力的です。
以下簡単にご紹介します。あくまでも個人的な意見ですのでご了承ください。

1.点滴方式だと注入スピードが難しいですが、手動ポンプなので自分で調整しやすい。
2.手で押さえる肛門ストッパーはとにかく腕が疲れますが、直腸内バルーンストッパーがあるので楽にできそう。
  ※国内の病院では、リスクを下げるため、バルーンは肛門の外で膨らませる指導をしている所もあります。このバルーンならば必要以上大きくならないので安全に直腸内で膨らませる事ができそうです。
3.直腸カテーテルは、レギュラーサイズと子供用スモールサイズがあり、3才以上の子供も利用可能。
4.直腸カテーテルは、衛生上使い捨てになっていますが、肛門ストッパーはずっと使っていますし、ある程度の回数が使えると理想ですね。

❶ 洗腸水の袋の蓋。コントロールユニットへ洗腸水を送る機能も付いている。
❷ 洗腸水の袋
❸ 手動ポンプ。ストッパバルーンを膨らます。洗腸水を注入する。
❹ 手動コントロールユニット。
❺ 直腸内ストッパーバルーン付き直腸カテーテル。

あとは、メーカーさんの日本市場への展開を期待してます。
米国サイトへ

◆利用ガイド

 

(近藤誠)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください